オランダはエネルギー効率と再生可能エネルギーに関して優れた立場を持ち、温室栽培、海洋環境におけるバイオマスおよび風力エネルギーの処理のためのチャートをリードしています。 エネルギー産業は国の所得、雇用、輸出のかなりの部分を占めています。 したがって、オランダ政府は、灰色と緑のエネルギーに関連する経済的機会をより有効に活用するために、近代的な産業政策を採用している。

オランダでエネルギー会社を開設することに興味がある場合は、経験豊富なコンサルタントにお問い合わせください。 彼らはあなたを助けるでしょう 会社設立 法的助言。

手ごろな価格、信頼性とクリーン

経済発展と社会福祉は、一般的に、安価で信頼性が高く、清潔な堅牢で持続可能なエネルギーの供給に依存している。 これらの基本的な目標の達成は、二酸化炭素排出量の削減とエネルギー市場のグローバル化に密接に結びついています。 エネルギーの持続可能な供給源に対する絶えず増大する要求は、セクターの縁辺部でのエネルギー貿易、輸送および発電のための様々な機会を開く。 オランダは、世界のエネルギー産業における継続的な成長のための強力な前提条件を持っています。 その地理的な位置のおかげで、それは風力エネルギーを収穫するための長い海岸線を持っています。 ロッテルダムとアムステルダムの2つの主要な港湾施設をヨーロッパで提供しています。 さらに、天然ガスの豊富な埋蔵量と開発されたガスインフラがあります。 したがって、ヨーロッパは欧州のトップエネルギー拠点になることを目指し、開発のための確固たる基盤を持っています。

オランダにおける再生可能エネルギーの5つの強み

1。 2050の大胆な期待

オランダは未来のための野心的な計画を持っています:2050は手ごろな価格で信頼できる持続可能なエネルギーのシステムを開発することを目指しています。 この点で、国は二酸化炭素の排出量を50%削減し、風力発電とバイオマスからのエネルギー生産によって持続可能な方法で電力の約40%を生成することを期待している。 CO2 再生可能エネルギーや原子力エネルギー、省エネルギー、炭素の捕獲・貯蔵を通じて排出量を削減することができます。 再生可能エネルギーに関する欧州指令(European Directive on Renewable Energy)は、2020によって、EUで使用されるエネルギーの14%が再生可能であることを予見しています。

2。 分散エネルギー

オランダは波、バイオマス、藻類からのエネルギー生成を実験する。 温室での現場発電、二酸化炭素のリサイクル、園芸における廃熱利用に関する革新的な解決策を発見しました。 したがって、オランダにおける分散エネルギーの割合は、他の多くの国と比較してかなり高い。

3。 グリーンガスの生産における欧州のリーダー

オランダはヨーロッパのガス市場の確立されたキープレーヤーです。 天然ガスの主要生産国であり、現場で高度な技術を開発し、大陸のトップガスブローカーです。 同国は、ガス事業の公共部門と民間部門のパートナーシップの組織に関する50年の経験を有しており、現在は欧州の中心と考えられています。 オランダは、需要の季節変化を処理し、北西ヨーロッパが求める供給の柔軟性を確保する比類のない能力を備えています。 有名な研究所、例えばグローニンゲンのエネルギーデルタは世界中の学生を教育しています。 さらに、オランダはグリーンガスの分野でもリーダーとなっています。

4。 再生可能エネルギー研究の分野における効率的なエネルギーと堅実な評判における豊富な経験

オランダのエネルギー産業と政府は、広範な経験の蓄積をもたらしたエネルギー効率に関する自主的な複数年次協定の長期にわたる伝統を持っています。 このため、オランダの業界は、エネルギー使用の面で世界で最も効率的です。 オランダは、ECN、FOM、および多くの大学で実施されている太陽エネルギーなどの再生可能エネルギー分野での国際的な評価を受けています。 デルフトのテクノロジー大学は、7以来、2001と二年連続のソーラーカー世界大会(ソーラーチャレンジ)を受賞しています。

5。 海上風力エネルギーの豊富な専門知識と欧州のバイオ燃料拠点になる計画

オランダは、海上で風力エネルギーを採取する専門家、石炭で発電した発電所でのバイオマス共同燃焼、バイオマスの前処理方法、埋立地ガス利用、寒冷蓄熱によるヒートポンプの専門家です。 オランダはヨーロッパ大陸の中心に位置し、ロッテルダム周辺には最先端の石油化学工業、工業物流センターがあります。 欧州のバイオ燃料拠点になることが野望であることは驚くべきことではありません。

オランダの化学工業を調べるには、ここをクリックしてください。

エキスパートのボタンに連絡する