オランダに持株会社を設立

オランダの持株会社は、さまざまなベンチャーにとって理想的な構造であることが証明されています。 オランダの自由放任慣行は、企業に規制を最小限に抑え、税金を最小限に抑え、一般的に、多くの起業家のストレスを緩和します。 この記事では、オランダの持株会社をオープンする際の主な特徴と利点について分析します。

オランダの持株会社とは何ですか?

オランダの持株会社 他の企業の株式を「保有」し、それらを管理し、場合によってはそれらを吸収することを目的としたビジネスの一種です。

オランダBV会社の持株体制

持株会社は、既存の企業の十分な株式を購入して議決権を獲得することでこれを達成します。これにより、持株会社は、完全に制御していなくても、企業の行動に影響を与えることができます。

オランダの持株会社のメリットは何ですか?

持株会社には多くのメリットがありますが、オランダに拠点を置くと、よりユニークな利点があります。

  • 低い課税

二重租税条約ネットワークなどの多くの国際条約のおかげで、オランダ内の外国または地元の持ち株会社の税金は大幅に削減されます。 また、この税法は投資家と起業家の平等を促進し、国内企業に与えられた同じ規制基準が、配当に対する低い税基準を含め、外国企業にも適用されることを保証します。 持ち株会社は通常、自己資本に投資しているだけであり、完全に運営されているビジネスではないため、低い課税に直面しています。 さらに、特定の企業は、所得に基づいて課税を完全に免除される場合があります。 オランダの配当税の詳細をご覧ください。

  • 最小オーバーヘッド

オーバーヘッドは、会社を経営するための金銭的なコストです。 これには、従業員の給与、事務所の賃貸料、営業チーム、および事業の運営および組織化に費やされるその他の費用が含まれます。 持株会社は既に確立された事業の基盤に依存しているため、経費はほとんどありません。

  • 簡単な設立

オランダの持株会社を設立するのは比較的簡単なプロセスです。 オランダの持株会社は 有限責任会社 または有限責任のパートナーシップ。 有限責任会社の資本最小額は1ユーロであり、有限責任組合に必要な最低資本はありません。 さらに、持株会社の10回の売上高が1年以上になるまで、公式の監査は必要ありません。 プロの財務管理も必要ではありませんが、それは大いに推奨されるかもしれません。

オランダは、ヨーロッパ全土の企業設立にとって最も好都合な場所の1つです。 より多くの情報を希望される場合 オランダに持株会社を設立する方法当社の設立専門家に連絡してください。

エキスパートのボタンに連絡する