オランダと米国の間の二重課税回避条約

オランダには大規模なネットワークがあります 二重課税の回避に関する協定 そこに企業を設立する国際投資家に税制優位を提供する。 これらの協定には、米国との条約がある。 オランダと米国の間の二重課税を回避するための第1回大会は、1992で署名されました。 その最初の修正は1993の日付です。

会社設立を専門とする現地コンサルタントが、オランダの税制に関する追加情報を提供できます。

オランダと米国の間の二重租税条約の範囲

オランダと米国の間の二重課税を回避するための条約は、

  • オランダの収入、給与、企業利益および配当金に関する税金。
  • 米国で設立されたオランダの保険代理店に課せられた保険に関する収入および消費税。

米国で働いているオランダの財団は、二重​​課税条約にも含まれている特別条項の対象です。 これらは米国の消費税に関係しています。 さらに、この条約は、オランダと米国の両方に適用される類似の税金をカバーしています。

二重租税条約の規定は税務居住に基づいて適用されます。

オランダと米国の間の二重課税回避条約に基づく自然人の課税

オランダでは、住民は所得税を納め、地元企業は法人税を負担する。 二重課税回避の目的で、オランダによって締結されたすべての条約には、企業税および所得税を含む条項が含まれています。

オランダの企業を設立する国際起業家は、納税義務を選択するオプションを持っています。つまり、納税義務を負う国を選ぶことができます。 外国納税者は、二重課税を回避するためにオランダと米国との間の合意に従って税金を納めるか、2001の一方的な二重課税回避法を利用することができます。 米国との二重課税回避条約は、オランダで収入を得る米国人住民は、利子、ロイヤルティー、配当金の課税に関してクレジットから恩恵を受けると規定している。

オランダと米国の間の二重課税回避条約に基づく企業の課税

オランダで営業する米国企業の税制について、その二重課税回避条約は、

  • 枝;
  • ワークショップ;
  • 工場;
  • 鉱山/開発サイト
  • 他のオフィスや管理場所。

二重課税回避の合意は、すでに12以上に設立された施設で有効です。

米国におけるオランダ企業の税負債の削減により、二重課税は回避される。 他方、オランダは両国で同時に活動する米国企業に対して税額控除を認める。

会社設立に関するオランダのコンサルタントは、オランダの条約により二重課税を回避する方法に関するさらなる情報を提供することができます。

オランダと米国の二重課税回避条約に関連する改正

両国間の二重課税協定は、年金、配当、扶養家族および支店の新しい規定を含むよう2004で修正されました。 彼らによると、オランダには、米国の会社がオランダの住民に譲渡した配当金がオランダで徴収されるという。 配当金の課税率は次のとおりです。

  • 受益者が配当を移転する法人の投票の10%以上を所有している場合は、配当金額(総額)の5%
  • 他のすべての場合において15パーセントである。

オランダおよび米国の支店には、恒久的施設の登録国が課税されます。 年金、扶養家族および年金に関しては、そのような所得を持つ人は、居住国でのみ所得税を課せられます。

法人税の無料アドバイス

法人税に関するアドバイスを探しているなら、もう探す必要はありません。 私たちは、オランダのすべての起業家に最初の無料相談を提供します。

ICSは、カンザス州税務局の組織の仕事に触発されました。 Kansastaxaideは、適切なアカウントファイリングを行う手段を持たない個人を支援するイニシアチブを行いました。

税金が誤って提出された場合、人は罰金を科されるか、刑事責任を負うことさえあります。 高すぎる管理負担を防ぐために、カンザス州の税務補佐官は、全国の低所得および中所得のカンサンを支援しました AARP-tax-aideプログラム.

AARP財団の税務援助プログラムは、元税理士、弁護士、簿記係、公務員、起業家などの財政的にリテラシーのある退職者を、困peopleしている人々と結び付けるのに理想的です。 たとえば、子供の教育に資金を提供するために州の資金を必要としているシングルマザー。

我々で Intercompany Solutions AARPの理念を共有し、予算に関係なく、誰もが税務相談の権利を持っていると感じます。 お手数をおかけいたしますが、ご不明な点がございましたら、喜んでご案内させていただきます。

私たちはオランダの経験豊富な税理士であり、すべての企業家問題に特化しています。 法人所得税から、起業家の私的申告に付加価値税まで。 ご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

私たちは、他者に繁栄をもたらすことが、最終的に私たちに繁栄をもたらすと固く信じています。

お問い合わせ

米国との二重課税回避のための条約改正に関する包括的な情報が必要な場合は、オランダの会社設立専門業者にお気軽にお問い合わせください。

米国の起業家のためのガイドライン:オランダ企業を起業させる方法

エキスパートのボタンに連絡する