オランダの企業法

会社法とも呼ばれるオランダの会社法は、会社設立および経営に関する法令および規則の主要な源泉です。

法律には、オランダに設立することのできるさまざまな種類の企業と、設立手続きに関連する規則が記載されています。 企業のコンプライアンス、課税および管理、破産、合併、会社買収の場合の手続きをカバーしています。 この文書には、企業内の責任と権限の配分も規定されています。

オランダの会社設立

オランダの会社法は、どのようなビジネス形態を組み入れることができ、どのような規則と裁定が各形式に適用されるのかを規定しています。 投資家は、特定の活動やビジネス管理の好ましい方法に応じて、 プライベート(BV)と有限責任会社(NV)のどちらかを選ぶ、または限られた、一般的なパートナーシップ。 法律は法人としてのパートナーシップを認めていません。

会社法では、企業の形成プロセスと企業目的についても説明しています。 設立の手続きは、法律で説明されている手順に従わなければなりません。 必要な書類、例えば設立証書は、ローカルで公証する必要があります。 同社のマネージング・ディレクターは代表者であり、その責任は確立することを決定したエンティティの詳細によって決定されます。 設立の目的上、企業は拠出資本を必要とする。 その後の株式移転は会社法の対象となります。

オランダ民法のすべての規則は、EC指令、証券取引監督に関する法律、上場企業に対する行為、オランダ企業が管理される方法を部分的に支配することと一貫しています。 外国人投資家 オランダの会社を設立する計画 デューデリジェンスのプロセスを開始することができます。

オランダの企業経営

会社法に規定されている会社管理は、管理者の役員会と管理業務を監督する上司の諮問委員会からなる2つの階層のシステムです。 このモデルは、有限責任を有する公的企業および民間企業の両方に有効です。 これらのボードは大企業にとって義務付けられています。

会社所有者は、設立時に管理委員会のメンバーを任命する。 運営委員会の責任と権限は協会の記事に記載されています。 取締役の負債および義務は法的に確立されており、刑事および民事責任を含む場合があります。

オランダで人材を雇用している事業主は、雇用に関する法律も守らなければなりません。 これには、雇用条件、従業員と雇用主の義務と権利、解雇手続、賃金と労働時間に関する重要な判決が含まれています。 労働に関するオランダの法律は、労働力に関して柔軟性があり、多くの特殊性を持っています。

あなたはオランダの法律に関する情報をもっと必要としますか、それとも興味を持っていますか? オランダで事業を開始する? 会社設立の現地代理店に電話してサポートとアドバイスを求めてください。

エキスパートのボタンに連絡する